HOME > 富士登山ツアー2019 > 富士登山レポート

はとバスツアーで富士登山に行こう!

1日目 7:30 頃新宿駅発

・出発の10分前集合です。
(出発日により時間及び出発場所は異なります。)

11:00 頃富士山五合目・雲上閣着

・5合目では約1時間程自由時間です。各自、食事をとったり、置いておく荷物をロッカーに預けたり、小御嶽神社で安全祈願をしてお過ごしください。

12:30 頃登山開始

・約4時間歩きます。

16:30 頃八合目到着

・山小屋で夕食を食べて、仮眠。

23:30 頃山頂目指して出発

・約4時間歩きます。真夜中の登山です。ヘッドライトを付けゆっくり登りましょう。

2日目 4:00 頃山頂到着

・ゆっくり休憩を取り、ご来光を待ちます。

4:30~5:00 頃ご来光

・天気が良ければ、素晴らしい光景が広がります!

下山開始

・約4時間かけて下山します。

11:00 頃五合目到着

・買い物や荷物整理など自由時間。

12:00 頃紅富士の湯

・入浴と自由昼食。入浴施設にはお食事処があります。

17:30 頃新宿駅到着

・お疲れさまでした!気を付けてお帰りください。
(東京駅・銀座キャピタルホテルにも停車します。)

前日までの準備

持ち物を確認しましょう。

前日になって慌てないように、事前に持ち物を準備しましょう。登山グッズをレンタルされた方は、前もって着用しサイズを確認して下さい。 靴は必ず1度は履いて歩きましょう。靴擦れ防止にもなります!

持ち物リストはこちら



また、体力づくりも大切です。エスカレーターではなく階段を使ったり、通勤通学区間の駅をひと駅歩くだけでも全然違います。 意識して、歩くようにしましょう!

持ち物
  • 1登山時の荷物:荷物は登山に使用する物と、ロッカーに預ける物(下山後の入浴・着替えセット等)を分けておきましょう!
  • 2かさばらないサンダル:必須ではありませんが、山小屋やバス車内であると便利です。
  • 3靴ひもの予備&耳栓:必須ではありませんが、靴ひもは用途が広く意外と万能です。物音が気になる方は耳栓も!
  • 4はとバス特典:500mlのドリンク・SOY JOY・バンダナ・ミニ金剛杖/バンダナは三角に折りマスクにしたり、アイマスク代わりに使ったりと
            便利です!ミニ金剛杖は杖としては使えませんが山小屋の焼印が押せます。
  • 知っておいて欲しい事
    【レインウェア】
     コンビニ等で販売しているビニール製の物、ポンチョタイプ、ウィンドブレーカーに防水スプレーを吹きかけた物はNGです。
     雨天時、そのような物を着用すると体調面の保証ができない為、登山を中止して頂く事になります。
     登山用の「レインウェア上下」をご用意ください。
  • 【ヘッドランプ】
     必ず1人1つ必要です。両手が空き、足元を照らせるタイプの物をご用意ください。複数人で1つや、手で持つ懐中電灯は危険です。
     また、替えの電池も準備してください。
  • 【防寒具】
     5合目で過ごす服装プラス2枚(ダウンジャケットやフリース等)あると良いでしょう。
  • 【ストック】
     あった方が便利ですが、なくても問題ありません。登りは少し短め、下りは少し長めにするのが一般的です。
     必ず紐を手首に通して、何か作業する時は周りの登山者を突かないようストックを垂らすようにしてください。
     金剛杖は、伸縮できないのであまりお勧めできません。

登山当日

ポイント

バス車内では休息をしっかり取りましょう!体力勝負です。

・必ず1か所はSAに立ち寄ります。荷物確認をして足りない物は購入しましょう!

・5合目より先は物の物価が上がります。
(水500mlは200円~500円位)

・釣銭は100円玉にしてもらうと良いでしょう。
(登山中は小銭が必要:トイレは有料で200円~300円)

5合目にATMはありません。ここが最後のATMです。

・高速を下り「富士スバルライン」に入ったら、寝ている方も起きていただく事をお勧めします。 バスは、スバルライン入口~富士山5合目まで、標高差1,448mを約30分で一気に上ります。意識して呼吸をする事で、高山病のリスクを減らしましょう。

登山スタート 次へ

SAで休憩・買い物

次へ

富士スバルライン通行

次へ
5合目到着

5合目で「約60分」休憩します。

5合目雲上閣にてランチなど自由時間。

雲上閣でランチ 次へ


ポイント

5合目はすでに2,300mを超えています!高山病対策としてまず周囲の空気、気圧に慣れていただく為、約60分の休憩をとります。

5合目での過ごし方

・最終装備確認。(足りない物は購入する!)

・登山に不要な荷物をロッカー(別料金)に預ける。

・小御嶽神社で安全祈願(晴れた日は富士山の絶景スポット!)
※小御嶽神社は売店横の赤い鳥居をくぐった奥にあります。

・昼食をとる。(5合目には食事処や売店があります。昼食がまだの方はココで食事をする事ができます。)
※バス車内で早目の昼食をとり、5合目ではゆったり散策等をして体を慣らすのも良い方法です。

小御嶽神社 メロンパン ツアーバッチ
小御嶽神社 大人気!
富士山メロンパン
ツアーバッチ
自身・鞄・靴に付けます
※高地では携帯電話のバッテリーの減りが早くなる傾向にあります。必要な時に使えなくならないよう「機内モード」がお勧めです。山小屋では充電できません。
ポイント

さぁ、いよいよ登山スタートです!
現地山岳ガイドと合流。自己紹介後、「注意点・体調面、持病等のお伺い、装備確認、準備運動」を経て登山開始。

※先頭は「山岳ガイド」=真ん中「お客さま」=最後尾に「添乗員」の隊列で登ります。 高齢者・お子さまのいるグループ・登山に自信のない方は、なるべる前の方がお勧めです。 (前の方がペースが一定なので比較的疲れにくい為。)
休憩の時には

1:ザックをおろす

2:肩、首をまわす・座る

3:衣服調整

4:水分・エネルギー補給

水分補給は、「水(1):スポーツドリンク(1)」の割合で交互に飲むのがお勧めです。 体内の水分バランスが良いとされています。お茶はトイレが近くなるのであまりお勧めできません。

トイレは有料です。(200円・山頂は300円)小銭を用意しましょう。 又、混雑時は並ぶこともあるので、トイレがある場所で休憩を取る時は、まず一番にトイレに行ってください。

耳より情報

はとバスツアー特典の「ミニ金剛杖」に、各山小屋で焼印(別料金)を押してもらう事ができます!登山の記念にどうでしょうか?

※8合目元祖室の焼印は干支の絵柄入り!4個位しか押せないので、山頂久須志神社の焼印スペースは是非残しておいて!
焼印の様子 8合目元祖室の干支入り焼印 山頂久須志神社の焼印
焼印の様子 8合目元祖室
干支入り焼印
山頂・久須志神社
の焼印

真ん中辺りに山小屋が見えます!6合目~7合目の最初の山小屋まではジグザグの整備された道が続きます。

6合目~7合目 左へ
下へ

7合目手前辺りからは岩場が増えていきます。バランスを取りながら気を引き締めて慌てず進みます。

7合目手前 右へ




山小屋では

山小屋に到着したら、番頭さんが館内に案内してくれます。自分のスペースを有効活用して、とにかく休息を!スペースは約畳1枚分。(繁忙期はもっと狭いです)

夕食

夕食はカレーライスとおかず数品。

・胃にやさしくするため量は少なめ。

・ご飯のおかわりはテーブルのおひつ内は自由。

・カレールーはおかわり不可。

・足りない場合はカップ麺等購入できます。(600円位)

プチ情報

・夕食後、翌日の朝食の受け取りを忘れずに!

・アルコール販売はありません。(館内禁酒)

・寝床では食事禁止。(飲み物は水のみOK)

・焼印は就寝時までに済ませてください。

・基本的には、登山時の服のまま「寝袋」で寝ます。(男女混合)

・シャワーはありません。

・天気がいい時は幻想的な「影富士」が見られるかも!


山小屋で夕食 カレーライス カップ麺・別料金
山小屋で夕食 カレーライス 足りない時は
カップ麺なども・別料金

登山スタート

30分に1回、約5分の休憩をはさみながら
登っていきます。

下へ

5合目~6合目は森林の中を歩きます。体を慣らしながらペースを整え登って行きます。

5合目~6合目 下へ

6合目からは視界がパッとひらけます。日陰がなくなるので熱中症に注意しましょう。

6合目~

7合目~8合目には山小屋が沢山あります。山小屋にはベンチや売店、トイレもあるので都度利用しましょう。

7合目~8合目 下へ

8合目あたり。だいぶ急になってきます!岩場がつらいけどもう一息!

8合目 下へ 山小屋到着

富士登山の醍醐味!山小屋の寝袋で仮眠。

山小屋の寝袋

23:00頃 起床

下へ
起床・山頂目指して出発

約4時間で山頂を目指します!

下へ

ヘッドライトを点けて真っ暗な中を歩きます。8合目から先は岩が多いので軍手・手袋を装着!

夜登山上り始め 下へ
ポイント

さぁ、ここからが本番!真夜中に山小屋を出発して、山頂を目指します。 暗いとはぐれやすいので、必ず前の登山者が「はとバスツアー」の人である事を確認しながら、あわてずゆっくり登りましょう。

満点の星空

休憩時は、夜空を見上げてみましょう。天候がよければ、満点の星空が広がっています! 眼下の夜景や、ヘッドライトを点けて登る登山者の灯りも幻想的。

ヘッドライト ダウンジャケット 夜景
ヘッドライトは必需品 しっかり防寒対策! 眼下に広がる夜景
※夜の登山はとても寒いので、フリースやダウンジャケット等の防寒対策もしっかり行いましょう。 特に山頂でご来光を待っている時間は動いていないので更に寒さを感じます

鳥居が見えたらいよいよ山頂はすぐそこ!道幅が狭くなって
いるので注意して登りましょう。

9号目
右へ

4:00頃 富士山頂到着!
徐々に明るくなり始める空。とても神秘的です。

富士山頂
下へ

ここでしか見られない絶景がひろがります。
時間を忘れ、しばしウットリ・・・。

ご来光
左へ

4:30~5:00頃、待ちに待ったご来光。
太陽が照らす美しい雲海は一生の思い出!

ご来光
  • 山頂にて

    山頂にて

  • 山頂から山中湖を望む

    山頂から望む山中湖

  • 朝日で赤く染まる岩肌

    朝日で赤く染まる山肌

※ご来光は山頂の混雑状況により、まとまって見るか、自由観賞にするか(集合時間・集合場所)等決定します。 山頂には山小屋や売店もありますので軽食(別料金)も取る事ができます。温かいうどんや豚汁で、冷えた身体を温めましょう。






ご来光ポイント

・大日岳の中腹あたり(上に行きすぎると下るのが大変ですのでホドホドに!)

・久須志神社の脇(多少の混雑はありますが、山小屋前ほど混雑しません。)



山頂では

・ご来光を拝む

・久須志神社の参拝、御朱印、焼印(別料金)

・トイレ(並ぶこともあるので早目に/300円)

・山小屋で軽食(別料金)

下へ
ポイント

下山では膝を痛めないよう気を付けましょう! 小股でチョコチョコ足を運ぶ。膝を伸ばしきらずにクッションを効かせ、惰性に任せて小走りに下るのが一番良い方法です。

8合目では

約30分休憩時間を取ります。この先、7合目まで約2時間トイレはありません。売店は5合目までありません。 8合目で必ずトイレと買い物(飲料等)を済ませてください。
※本8合目からは暑くなってきます。涼しいくらいの格好で良いでしょう。

8合目では

膝を痛めて歩けなくなったら、山岳ガイド・添乗員・お連れ様で荷物を持ち合い、負担を軽くして下山します。 それでも歩けなくなったら馬に迎えに来てもらい、5合目まで下りる事になります。
※迎えの馬は3万円(現金のみ)、一番高い所で7合目トイレまで迎えに来てくれます。



5合目に戻ってきたら
バスの出発時間まで、しばらく自由時間になります。体をゆっくり休めて、買い物や参拝、荷物整理をして下さい。 帰りに「温泉」に立ち寄りますので、温泉で使用する荷物のみバス車内へ、大きな荷物はトランクへ入れて下さい。
(温泉施設前で荷物整理はできませんので、事前に荷物の仕分け、整理をお願いします。)



下山開始 下へ

本八合目分岐まで約40分。
トイレ・買い物で約30分滞在。

下へ

7合目から先は「砂走り」と呼ばれる細かい砂が積もった道になります。バンダナマスクの出番です!

砂走り 下へ

紅富士の湯で「入浴」と「自由昼食」(約120分~150分)
※温泉施設内にお食事処があります。

紅富士の湯
左へ

お疲れさまです!
無事5合目に戻ってきました。

5合目到着



最後に一言

ムリをしないで、安全に、楽しく登りましょう!

世界遺産にもなった日本最高峰「富士山」。標高は3776m、ある程度整備されおり、比較的登りやすい山ではありますが、 最も注意したい点は「高山病」。そして「天候」です。 高山病になりそうな時は、ゆっくり歩く・水分をこまめに取る、大きく腹式呼吸をすることを心がけてください。 また、悪天候の富士登山はとても過酷です。風は強く、体温が奪われ、体への負担も想像以上。
その為、天気が悪いとき、体調が悪いときは「無理に登らない」ことが鉄則です。 富士山は待っていてくれます。来年も、再来年も・・・。
もし、何か問題が発生した時は勇気をもってリタイアしましょう。次回があります!
リタイアについて

状況に応じて都度説明いたしますが、大きく分けて以下3パターンが想定されます。
不安な事があれば、自己判断せず、山岳ガイドに相談してください。
少し高山病気味だけど「せっかく来たから行く」と言う判断はとても危険です。
※悪天候で止むを得ず「登山中止」の判断をする場合があります。その場合は、まとまって下山します。 安全第一のツアーとなりますのでご理解下さいますようお願いいたします。

【8合目到着前のリタイア】
下山もしくは、近くの山小屋泊。 → 翌日、ツアーと合流せずに各自で下山し、5合目で合流。
※あくまでもツアーの行程が優先となりますので、合流が保障されている訳ではありません。
※山小屋使用料は自己負担となります。(宿泊予定だった山小屋使用料は返金不可。)
【8合目山小屋でのリタイア】
翌朝まで山小屋泊。 → 翌日、ツアーと合流せずに各自で下山し、5合目で合流。
※あくまでもツアーの行程が優先となりますので、合流が保障されている訳ではありません。
※山小屋使用料は自己負担となります。
【8合目~山頂を目指す「深夜の登山中」のリタイア】
山小屋に戻れる距離でのリタイアなら、山小屋に戻り滞在。 <又は> 山小屋に戻れない距離なら、近くの山小屋へ。
※近くの山小屋の場合、山小屋使用料は自己負担となります。

その他

基本的には、ゆっくりペースでの登山です。平地の1/5の速度、歩幅はだいだい靴の大きさ位。 5合目~山頂まで、歩く距離は約6キロ。平地なら1時間半のところを、8~10時間かけて歩きます。 少しずつ標高を上げていくことにより周囲の酸素に慣れながらゆっくり登りましょう。 山岳ガイド及び、添乗員が同行しますので、不安な事はどんどん相談してください。

・写真撮影は、特に制限はしませんが、隊列から離れての撮影は控えてください。 また、「立ち止まって・追いついて」の繰り返しは疲労につながりますので、休憩場所等での撮影をおすすめします。

・飲み物は、登り始めに500mlのペットボトル×2本あると良いでしょう。 無くなったら山小屋で都度購入します。山小屋で新しいドリンクを買うと、空のペットボトルを引き取ってくれます。

・念のため、登山開始前に「離団確認書」(リタイア時に使用)に、サインをしておいてください。 高山病などで登山を断念しツアーから離れるときや、雨などで記入が困難な時のために、先に記入しておくと安心です。

その他注意事項は、コース詳細の下部「ご案内と諸注意」をご覧ください。


富士山
※画像はすべてイメージです。又、記載内容や情報は現状と異なる場合があります。

”2019富士登山特集”ページへ戻る 富士登山特集へ戻る