はとバス
メニュー
閉じる
HOME > 夏祭り特集2018

2018夏祭りバスツアー・祭り紹介

2018夏祭りバスツアー・祭り紹介

  • ねぶた祭
    青森県

    2018.8/2(木)~8/7(火)

    東北二大祭りの一つ。煌びやかなねぶたの大迫力と熱気に圧倒されます。 実際に見ると、想像しているよりもはるかに凄いのです!これぞ「サ・日本の祭り」。芸術性も高く美しい。 一度は見てみたい「ねぶた祭」は、らくらくバスツアーが正解。ホテルの予約も取りにくいのでご予約はお早めに!

  • 竿燈まつり
    秋田県

    2018.8/3(金)~8/6(月)

    全国的にも名高い「竿燈(かんとう)まつり」は、毎年百三十万人もの観光客で賑わう秋田最大の夏祭り。 竿燈とは竹を組んで提灯を吊るしたもので、最も大きな「大若」は重さ約50キロ!額や腰などで支え、妙技を競い合い豊作を祈ります。 夏の夜空に揺らめく幻想的な竿燈、素晴らしい伝統の技は一見の価値ありです。

  • 花笠まつり
    山形県

    2018.8/5(日)~8/7(火)

    山形市内のメインストリートで開催される夏まつり。 威勢のいい「ヤッショ、マカショ!!」の掛け声と、花笠太鼓の勇壮な音色がまつりを盛り上げます! やまがたの花である「紅花」をあしらった花笠の波がうねり咲きこぼれる様はなんとも華麗。 地元の方々が大切に育む東北四大祭りのひとつ。

  • 仙台七夕まつり
    宮城県

    2018.8/6(月)~8/8(水)

    七夕と言えば7月7日のイメージですが、仙台の七夕は旧暦の8月に行われます。 メインの笹飾りは仙台駅の商店街、アーケード通り。色とりどりの細長い和紙や千羽鶴を垂らした「吹き流し」で街中が七夕一色に! 風が通るとサヤサヤと揺れ、願いを届けてくれるような気分になります。 SNS映えもバッチリ!仙台のご当地グルメもお楽しみください。

  • 相馬野馬追
    福島県

    2018.7/28(土)~7/30(月)

    相馬野馬追とは、相馬氏の祖である平将門が原野に放してあった野馬を捕らえる軍事訓練と、捕らえた馬を神前に奉納したことに由来しているお祭りで、 国の重要無形民俗文化財にも指定されています。 「甲冑競馬・神旗争奪戦」を観覧指定席からじっくりとご覧ください! 甲冑姿で馬にまたがり、迫力ある競技を繰り広げる姿は、まさに戦国時代の合戦そのものです。

  • 新庄祭り
    山形県

    2018.8/24(金)~8/26(日)

    ユネスコ無形文化遺産に登録された新庄まつりは、 飢饉で疲弊した領民たちを鼓舞し、五穀豊穣を願うため約260年前に始まったお祭りです。 豪華絢爛を競う山車行列、古式ゆかしい神輿渡御行列など、260年以上の歴史が紡いだ、価値あるまつりの伝統を是非ご覧ください。 灯りがともされた山車は現代に甦る歴史絵巻!光と影が織りなす幻想的な世界です。

  • 祇園祭
    京都府

    2018.7/1(月)~7/31(水)

    祇園祭は1ヶ月間にわたる八坂神社の祭礼で、日本三大祭のひとつ。 ハイライトは17日と24日に行われる33基の山鉾巡行!ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。 その他、山鉾巡業の前日に行われる「宵山」も大人気。夕暮れ時、灯りのともった提灯と山鉾でグッと雰囲気も華やかに。 歩行者天国となるので、歩きながら京都の夏をおたのしみください。

  • 鵜飼
    京都・岐阜・山梨

    2018. 夏季限定

    夏の風物詩「鵜飼(うかい)」。 鵜飼とは、川を下る船から、ヒモで縛った鵜を水中に放し川魚を取る漁法。岐阜・長良川の鵜飼が有名ですが他にも各地で見る事ができます。 古事記や日本書紀にも記されおり、大切に守り続けられている伝統漁。 篝火をつけた鵜船、鵜匠の巧みな手綱さばきと鵜の妙義は感動的です! 山梨の笛吹川鵜飼は珍しい「徒歩鵜(船ではなく歩きながら鵜を操る)」方式。

2018夏祭りバスツアー・コース紹介

2018夏祭りバスツアー・コース紹介

ページの先頭へもどる